ニュース
» 2015年04月09日 12時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:1個から買えてすぐに使えるBluetooth Smartモジュール、ヘルスケアやIoTに

ラピスセミコンダクタが小型のBluetooth Smart対応無線モジュール「MK71050-03」の販売を開始した。小型かつ1個からの購入が可能で、Bluetooth Smartを利用したIoTデバイスのプロトタイピングにも適する。

[渡邊宏,MONOist]

 ラピスセミコンダクタは2015年4月8日、ヘルスケアやフィットネス機器に適した小型Bluetooth Smart対応無線モジュール「MK71050-03」の販売を開始した。小型かつ1個からの購入が可能で、Bluetooth Smartを利用したIoTデバイスのプロトタイピングにも適する。チップワンストップの通販サイト「chip1stop」での販売価格は1750円(10個以上注文時)。

 新製品は同社のBluetooth Smart対応LSI「ML7105」にソフト記録用のEEPROM、システムクロック用水晶発振器、パターンアンテナ、アンテナマッチング回路などを組み合わせた無線モジュール。パッケージサイズは52pin LGAタイプの10.7×13.6×1.78mmで、各種調整は出荷時に完了しており、日米欧における無線法令規制認証とBluetooth SIG認証も得ているため、購入してすぐに利用できる。

photo 「MK71050-03」

 IoTの市場拡大に向けて開発に求められる「手軽に無線」を実現するため、アールエスコンポーネンツとチップワンストップ、コアスタッフの3社からは本モジュールとPCの間でシリアル通信を行う「USB通信キット」を提供する他、ラピスセミコンダクタからはスマートフォンとの通信評価を行うためのアプリ「BLE TOOL」が提供される。

photo

 BLE TOOLは心拍(HRP)、体温(HTP)、血圧(BLP)、血糖値(GLP)、バッテリー(BAS)、デバイス情報(DIS)のプロファイルおよびサービスをサポートしており、スマートフォンを利用してのヘルスケア/フィットネス機器などの開発に活用できる。

 同社では新製品の特設サイトを開設、モジュールの使い方を紹介する動画を公開している他、データシートやマニュアル、デザインガイドなどもダウンロードできる。なお、オプションとして8ビットマイコン搭載のUSBドングル「MK71050-03USB-EK」、Arduino用拡張ボード「MK71050-03BLE-shield」も用意される。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.