ニュース
» 2015年04月10日 14時00分 UPDATE

キャリアニュース:勤務先として魅力的な企業のグローバル調査、ソニーが2年連続でトップ10入り

総合人材ビジネスをグローバルに展開するランスタッドホールディングが毎年実施している調査で、ソニーが2年連続で勤務先として魅力的な企業のトップ10にノミネートされた。

[MONOist]

 総合人材サービスを展開するランスタッドホールディングは2015年3月26日、勤務先として魅力的な企業をグローバル規模で調査・表彰する「ランスタッドアワード2015」において、上位10社にノミネートされた企業を発表した。

 日本企業で上位10社に入ったのはソニー。同社は2年連続で上位10社に入った。他9社の顔ぶれは、コカ・コーラ、フィリップス、GE、サムスン、HP、シーメンス、IBM、マイクロソフト、タタ・コンサルタンシー・サービシズとなっている。

 同調査は、第三者機関であるICMAに委託。世界22カ国の18〜65歳までの男女22万人に対して、「社名を知っているかどうか」「その企業で働きたいかどうか」を質問し、評価の高い企業を調査したもの。

 「ランスタッドアワード2015」の最終結果については、2015年3月23日にベルギー・ブリュッセルにて明らかにする。昨年の調査では、1位がBMW、2位がソニー、3位がサムスンという結果になった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.