ニュース
» 2015年04月10日 13時00分 UPDATE

MEDTEC Japan 2015開催直前情報:介護施設や病院の遠隔モニタリングに最適な「ワイヤレスベッドセンサ」を出展

村田製作所は、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2015」に出展し、「センシング」「ワイヤレス」「小型化」をテーマに医療機器やヘルスケア機器に貢献する電子部品やソリューションを紹介する。

[朴尚洙,MONOist]

 村田製作所は、医療機器設計/製造の展示会「MEDTEC Japan 2015」(2015年4月22〜24日、東京ビッグサイト)に出展し、「センシング」「ワイヤレス」「小型化」をテーマに医療機器やヘルスケア機器に貢献する電子部品やソリューションを紹介する。

 主な出展物は2つ。「ワイヤレスベッドセンサ」と「自動認識対応検体チューブ用RFIDデバイス」だ。

 ワイヤレスベッドセンサは、MEMSセンサーと無線通信モジュールを組み合わせたセンサーノードをベッドに装着し、人からベッドに伝わる微小振動を検知するものだ。無線通信モジュールによってワイヤレスでデータを送信できるので、介護施設や病院における遠隔モニタリングに最適である。

 自動認識対応検体チューブ用RFIDデバイスは、小型で堅ろうなことを特徴とする同社のRFIDデバイス「マジックストラップ」を応用した製品だ。検体チューブに取り付けることで、多数の検体チューブを短時間で認識し、履歴確認作業の効率化を図ることができるという。

MEDTEC Japan 2015

会期 2015年4月22日(水)〜24日(金)
時間 10:00〜17:00
会場 東京ビッグサイト
村田製作所・ブースNo. 4007


MEDTEC Japan 2015 >>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

関連キーワード

MEDTEC Japan | 医療 | 村田製作所 | RFID | 介護


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.