ニュース
» 2015年04月14日 14時00分 UPDATE

3Dプリンタニュース:大手電機メーカーのノウハウ生かす3Dプリンティングサービス開始

リコーは製造現場向け3Dプリント関連の新サービス「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services」を発表した。リコーの工場で培った積層造形のノウハウを生かし、コンサルティングや3Dデータの設計、3D造形までを一貫して提供する。

[小林由美,MONOist]

 リコーは2015年4月14日、製造現場向け3Dプリント関連の新サービス「RICOH Advanced Direct Manufacturing Services(リコー アドバンスド ダイレクト マニュファクチャリングサービス)」を同年4月27日から販売開始すると発表した。

 同サービスは神奈川県厚木市の「RICOH Rapid Fab 厚木」を拠点とし、複数方式の3Dプリンタを10台程度設置して専門の技術者を常駐させる。特殊な材料を利用した部品製作や小ロット生産などに対応する。リコーの工場で培った積層造形のノウハウを生かし、コンサルティングや3Dデータの設計、3D造形(3D出力と後処理)までを一貫して提供する。同社は2015年9月から3Dプリンタをキーとした「アディティブ・マニュファクチャリング事業」(AM事業)を開始。この事業もその一環である(関連記事:リコーが企業向け3Dプリンタ販売・出力サービス事業に参入、自社開発も視野)。

 同サービスは、3Dプリンタベンダーのストラタシス・ジャパン(ストラタシス)と国内販売代理店アルテックと協業して提供する。リコーの直接販売と合わせ、アルテック経由でも販売する。ストラタシスはリコーに対し技術支援を行う。

 同年4月15〜18日に東京ビッグサイトで開催する製造技術展示会「インターモールド 2015」で、アルテックブース内で同サービスを紹介する。

yk_ricoh3d_01.jpg 「RICOH Rapid Fab 厚木」の設備

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


関連キーワード

3D | リコー | 3Dプリンタ | 工場 | 企業


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.