ニュース
» 2015年04月14日 19時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:「Wind River Simics」と「Simulink」が連携

ウインドリバーとMathWorksが提携。SimicsとSimulinkの統合環境を提供することで、実機なしにターゲット上でSimulinkの制御モデルをテストできる。

[渡邊宏,MONOist]

 米ウインドリバーは2015年4月13日(現地時間)、The MathWorksとの協業を発表した。ウインドリバーの組み込みソフト開発向けシミュレーション環境「Wind River Simics」と、MathWorksのモデルベース開発環境「Simulink」との統合利用が可能となり、プロセッサインザループ(PIL)シミュレーションをサポートする。Simulink用Simics PILインテグレーションは既に利用可能だ。

 「SimulinkとSimicsのPILインテグレーションにより、MathWorksのお客様は、Simulinkのシステムモデルを再利用して、Simulink制御アルゴリズムから生成されるコードを組み込みプロセッサ上で検証、評価することが可能です」(MathWarks)

 実際のボードやツールを用いることなくデザインモデルとプラットフォームモデルを組み合わせたテストやシミュレーションが可能になることから、システム検証の効率化が促進されるとしており、また、効率化はリスク低減につながることから、航空宇宙や自動車などミッションクリティカルな製品開発において有用であるともしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.