ニュース
» 2015年04月16日 07時00分 UPDATE

FAニュース:インフラの保守点検向けに小型・軽量の超音波厚さ計を発売

東京計器は、超音波厚さ計の新製品として、小型・軽量の「UTM-110」を発売する。データロガーを内蔵し、本体に1000件の測定結果を記録できる。

[MONOist]

 東京計器は2015年3月25日、超音波厚さ計の新製品として、小型・軽量の「UTM-110」を発売すると発表した。販売開始は同年6月の予定。

 超音波厚さ計は、超音波を利用することでパイプラインや圧力容器、各種貯蔵タンクなどの肉厚を計測する保守点検用の非破壊検査機器。プローブを外側から当てるだけで、検査対象物の厚さを正確に測定できる。

 UTM-110は、同社の超音波厚さ計UTMシリーズ「UTM-101」の後継機で、外形寸法126.7×68.9×24.0mm、本体質量165gの小型・軽量タイプとなる。グリップ感を重視したエルゴノミックデザインにより、片手での操作が容易になった。また、視認性の高い液晶ディスプレイと操作性の高い大きなキーパットを採用している。

 さらに、データロガーを内蔵したことで、本体に1000件の測定結果を記録できる。保存したデータは、USB経由でWindows PCへのダウンロードも可能。測定分解能は±0.1mmで、測定範囲は0.7〜250mm(鋼鉄換算)となっている。

 主な用途は、配管・貯蔵タンクなどの保守・点検、パイプラインなどのノギスが使用できない部位の金属板の厚さ測定など。同社では、老朽化が進む社会インフラの保守点検市場に向け、拡販を進める方針だ。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 新製品 | FAニュース | 検査機器


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.