ニュース
» 2015年04月16日 06時00分 UPDATE

ハノーバーメッセ2015:一緒にダンスが踊れる一体感! ロボットと人間が支え合うモノづくりをABBが出展

スイスのABBは、ハノーバーメッセ2015において、人間と協力して働く双腕ロボット「YuMi」を出展した。人によるセル生産の効率化を目指しているという。

[三島一孝,MONOist]

 スイスのABBは、ハノーバーメッセ2015(2015年4月13〜17日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、人間と協力して働く双腕ロボット「YuMi」を出展した。

 多品種少量生産においては、生産の組み立て工程が変化をし続けているため、「人によるセル生産」が一般的となっていた。一方でエレクトロニクス産業を中心に熟練生産労働者の数が不足し、人件費が高騰する状況が続いている。そのため、「この人によるセル生産」の効率化が急務となっている。

 ABBが新たにリリースした双腕ロボット「YuMi」は、人によるセル生産の効率化を目指し人との共同作業を可能とした作業支援ロボットだ。特に家電およびエレクトロニクス産業における柔軟で機動的な生産ラインでの使用をイメージしており、本体そのものが軽量・コンパクトで生産ラインでの移動や組み込みが簡単なことが特徴だ。本体の重さは38kgで、両腕を左右に広げた時の長さが162cm、高さが56cm。現状では小型部品の組み立て支援をイメージしているために、アーム1つ当たりの有効荷重は500gとなっている。

photo 「YuMi」の外観(クリックで拡大)

 人との共同作業をイメージしているために安全性にも配慮している。骨格は軽量かつ剛性の高いマグネシウムを採用している他、外形は柔軟物を挟んだ浮遊プラスチックケースとしており、ぶつかったときに人に影響を与えにくい。また、予想外の人の動きを感知した時にミリ秒以内に動きを停止する機能を備えている。その際に再起動する時もスイッチ1つで可能だとしている。

photo YuMiとの生産の作業イメージ(クリックで拡大)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.