連載
» 2015年04月17日 10時00分 UPDATE

3Dプリンタでデジタルモノづくりをはじめよう(4):【最終話】3Dプリントする際に知っておくべきこと、注意すべきこと (1/3)

中野ブロードウェイにある「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」のN店長と大学生Y君との交流を通じて、パーソナル3Dプリンタを使いこなすためのハウツーを解説する連載。最終回となる今回は、3Dプリントする際に、絶対に知っておきたいこと、注意すべきことを紹介します。

[東京メイカー 中村翼,MONOist]

あらすじ

 最近、話題の「3Dプリンタ」ですが、まだまだ誰でも気軽に触れられる環境は整っていません。そんな中、サブカルの聖地“中野ブロードウェイ”の地下1階にある「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」では、世界各国のパーソナル3Dプリンタをずらりと並べ、行き交う人たちに開放しています。

 そんなウワサを聞き付けた好奇心旺盛な大学生のY君は、思い切ってお店を訪問し、N店長から3Dプリンタの基礎を教えてもらい、3D CAD「Autodesk 123D Design」を使って「テトラポッド(消波ブロック)」の3Dモデリングに挑戦!! そして、作成した3Dモデルデータを3Dプリントするための“事前準備”についてレクチャーを受けたのでした(前回の記事を読む)。


本連載の登場人物

N店長(笑)
N店長
中野ブロードウェイにある「あッ 3Dプリンター屋だッ!!」の店長。3Dモデリングや3Dプリンティングに関する知識が豊富で、デジタルモノづくり全般のさまざまな相談事にのってくれる。中野かいわいの情報やサブカルについても詳しい。

Y君(笑)
Y君
中野駅近くのM大学の学生。3D CADは授業で少しだけ触ったことがあるが、3Dプリンティングに関する知識はゼロ。自分の手で3Dプリンタを操作して出力してみたいが不安を感じている……。




 最終回となる第4回では、“3Dプリントする際に、知っておくべきこと、気を付けるべきこと”を紹介しながら、XYZプリンティング製パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズを使って、実際に3Dプリントしていきます!

これだけは押さえておきたい「3Dプリンタ」のパーツ名称

Y君(普通)

パーソナル3Dプリンタを実際に眺めてみると、いろいろなパーツ(部品)が使われていますよね〜。


N店長(普通)

そうだね。組み立て方式のパーソナル3Dプリンタを一度組み立ててみると構造やパーツの名称も覚えられると思うけど……。そうだな、今回は重要なパーツを2つだけ紹介しておこう。


Y君(普通)

それは何ですか?


N店長(笑顔)

ノズル」と「プラットフォーム」さ。


Y君(笑顔)

あっ、知ってる! ノズルは、3Dプリンタの材料が出てくるところですよね。


N店長(笑顔)

そう! よく知ってるね。そして、プラットフォームというのは、材料が出力されて3Dモデルが造形されていく台のことを言うんだ。


Y君(普通)

ふむふむ。



ノズルとプラットフォーム 図1 ノズルとプラットフォーム

 パーソナル3Dプリンタは、筺体がカバーで覆われているものもあれば、むき出しのものもあります。本体をよく眺めてみると本当にいろいろなパーツで構成されていることが分かります。最近では、デアゴスティーニの「週刊 マイ3Dプリンター」のように、ユーザーがイチから組み立てていく組み立てキットもあるので、興味のある方は自分で作ってみるのもよいかもしれませんね。

無線? 有線? 記録メディア? 3Dプリンタとの接続方式

N店長(普通)

じゃあ、Y君が作った3Dモデルデータを3Dプリンタで出力してみようか。


Y君(汗)

はい! え〜と、まずは何からやれば……。


N店長(普通)

複合機を使ってドキュメント印刷するのと同じように、出力したいデータをPCから3Dプリンタへ転送してあげる必要があるんだよ。


Y君(普通)

データの転送って、どうやるのでしょうか?


N店長(笑顔)

PCと3DプリンタをUSBケーブルで直接つなげる方法や、無線LANで接続する方法もあるよ。あとは、SDメモリーカードなどの記録メディアを使って、直接3Dプリンタに渡す方法もあるんだ。現状、パーソナル3Dプリンタの主流は、USBケーブル接続方式と記録メディア方式かな。


Y君(笑顔)

いろいろあるんですね〜。


N店長(普通)

うん。もし、購入を考えているならそのあたりの使い勝手もきちんと調べておくといいかもね。



3Dプリンタへのデータ転送 図2 3Dプリンタへのデータ転送

 さらに細かい話ですが、PCと3DプリンタをUSBケーブルで接続するタイプには、“データ転送後、3Dプリンタが動き出したらUSBケーブルを外してよいタイプ”と、“造形が完了し、3Dプリンタが停止するまでUSBケーブルを外してはいけないタイプ”があります。ちなみに、本連載で使用するダヴィンチシリーズは、PCとの接続にUSBケーブルを用いるタイプですが、データ転送後はUSBケーブルを外しても大丈夫です。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.