ニュース
» 2015年04月17日 12時30分 UPDATE

ESEC2015 開催直前情報:つながる世界をArmadilloでスムーズに、アットマークテクノ

「IoT」は組み込み機器にとって大きなテーマであり、センサーやデバイスをクラウドまで接続する際、ゲートウェイは重要な要素となっている。アットマークテクノはESEC2015にてIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」にて、“スムーズなIoT実現”を多彩な事例で紹介する。

[渡邊宏,MONOist]

 2015年5月13〜15日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第18回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2015)」および、IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第4回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2015およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 今回紹介するのは、さまざまな機器をスムーズに連携させるLunix搭載のIoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」を提供するアットマークテクノだ。

photo

「Armadillo-IoT」の“スムーズなIoT実現”を多彩な事例で

 「IoT」は組み込み機器にとって大きなテーマとなっているが、さまざまなセンサーやデバイスをクラウドまで接続するに当たって、ゲートウェイによるプロトコルの変換は重要な要素となっている。

 アットマークテクノはESEC2015にて、豊富な採用実績を持つ組み込みプラットフォーム「Armadillo」をベースしたLinuxOS搭載IoTゲートウェイ「Armadillo-IoT」を用いた、“スムーズなIoT実現”を多彩な事例で紹介する。

 Armadillo-IoTは差し替え可能な「アドオンモジュール」によってWi-SUNやシリアル(RS232Cなど)、EnOcean、Bluetooth LE、3Gなどさまざまなインタフェースに対応できるだけではなく、NTTPCやIIJ、セールスフォースなど、大手各社のクラウドプラットフォームにも対応する。同社は2015年3月にトレジャーデータとの提携も発表しており、ブースではクラウド各社の得意分野とあわせて、Armadillo-IoTが「どのような事例に、どのように活用できるか」、具体的に紹介される。

 先進事例の紹介だけではなく、組み込み機器に欠かせない安定性や堅牢性についても紹介される。同社Armadilloシリーズは初代の登場から13年が経過しており、蓄積されたノウハウは導入先での長期安定運用に寄与する。ブースではIoTなど新分野にも対応しつつ、基盤となる安定性・堅牢性を確保した組み込み機器の“あるべき姿”を体感できるとしている。

第18回 組込みシステム開発技術展(ESEC2015)

会期: 2015年5月13日(水)〜15日(金)
時間: 10:00〜18:00(15日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
アットマークテクノブースNo.: 西 2-71


関連キーワード

IoT | Internet of Things | ESEC | 組み込み | CAD | 電気


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.