ニュース
» 2015年04月20日 07時00分 UPDATE

FAニュース:緊急時に遮断弁を遠隔操作できる電磁弁操作モジュール

横河電機は、緊急時にプラント配管の弁を無線通信で遠隔から遮断操作できる「フィールド無線用電磁弁操作モジュール」を発売した。緊急遮断の指示から、10秒以内に閉止動作が行える。

[MONOist]

 横河電機は2015年4月3日、緊急時にプラント配管の弁を無線通信で遠隔から遮断操作できる「フィールド無線用電磁弁操作モジュール」を発売した。石油・石油化学・化学などのプラントで使用される、浮き屋根式屋外タンクの雨水排水管に設置する遮断弁に対応する。

 フィールド無線用電磁弁操作モジュールは、フィールド無線規格ISA100 Wirelessの無線通信を使用し、緊急遮断用の空気式バルブアクチュエータ(バルブ駆動装置)を遠隔操作する装置となる。アクセスポイントから無線信号を受けると、電磁弁を操作して空気式バルブアクチュエータを動作させ、遮断弁を開閉する。また、動作情報を上位システムに送る役割も持つという。

 通常使用で10年間交換不要の電池を内蔵し、外部電源に異常が発生した場合でも、内蔵電池で電磁弁を操作し、空気式バルブアクチュエータを動かすことができる。さらに、同社のフィールド無線システム機器と併用することで、弁の緊急遮断指示から10秒以内に閉止動作を完了できる。安全面では、製油所・化学プラントなどで必要とされる、本質安全防爆規格(本体部分Ex ia IIB T4)に対応した。

 同社では今後、タンクに貯蔵物を送る「受け入れ配管」や、貯蔵物を出す「払い出し配管」についても、無線で遠隔操作できる機器を開発していくという。

photo フィールド無線用電磁弁操作モジュール

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

無線 | FA | 横河電機 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.