ニュース
» 2015年04月20日 14時00分 UPDATE

上海モーターショー2015:「レクサスRX」に「NX」の直噴ターボ搭載、日本でも販売

トヨタ自動車は、「第16回上海モーターショー」において、レクサスブランドの中型SUV「レクサスRX」に、排気量2.0l(リットル)の直噴ターボガソリンエンジンを搭載したモデル「RX200t」を投入すると発表した。RX200tは、日本国内で2015年秋以降に発売する予定だ。

[朴尚洙,MONOist]

 トヨタ自動車は2015年4月20日、「第16回上海モーターショー」(一般公開日:2015年4月25〜29日)において、レクサスブランドの中型SUV「レクサスRX」に、排気量2.0l(リットル)の直噴ターボガソリンエンジンを搭載したモデル「RX200t」を投入すると発表した。RX200tは、日本国内で2015年秋以降に発売する予定だ。

 RX200tに搭載する直噴ターボガソリンエンジンは、RXより一回り小さい小型SUV「レクサスNX」の「NX200t」に初めて搭載した直列4気筒の「8AR-FTS」である(関連記事:「レクサスNX」の直噴ターボエンジンは「高熱効率・低燃費エンジン群」)。NX200tの場合、最高出力は175kW(4800〜5600rpm)。最大トルクは、350Nm(1650〜4000rpm)だった。RX200tでは、最高出力170kW以上を目指すとしている。

「RX200t」の外観「RX200t」の外観 「RX200t」の外観(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車
「RX200t」に搭載される排気量2.0lの直噴ターボガソリンエンジン「8AR-FTS」 「RX200t」に搭載される排気量2.0lの直噴ターボガソリンエンジン「8AR-FTS」(クリックで拡大) 出典:トヨタ自動車

 なおレクサスRXは、2015年4月上旬開催の「ニューヨークオートショー2015」で初披露された(関連記事:新型「レクサスRX」はハイブリッドもガソリンエンジンも最高出力は300馬力に)。このとき発表されたのは、排気量3.5l(リットル)のV型6気筒アトキンソンサイクルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステムを搭載する「RX450h」と、排気量3.5lで直噴機構「D-4S」を採用するV型6気筒エンジン搭載の「RX350」の2モデル。最高出力は、RX450h、RX350とも最高出力は約300hp(224kW)を目指すとしていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.