ニュース
» 2015年04月20日 19時00分 UPDATE

ESEC2015 開催直前情報:到来したIoT時代、位置情報と無線通信で差別化を図るユーブロックスジャパン

IoT/M2Mを語る際に重要となる無線通信と位置情報。ユーブロックスジャパンはセルラー、測位モジュールに加えて短距離無線モジュールを製品ポートフォリオに追加、ESEC2015ではデモを交えて無線通信と位置情報の活用を紹介する。

[渡邊宏,MONOist]

 2015年5月13〜15日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第18回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2015)」および、IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第4回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2015およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 今回紹介するのは、組み込み型ワイヤレス通信機器および測位技術に強みを持つ、ユーブロックスジャパンの出展内容だ。

位置情報と無線通信の融合がIoT時代に差別化のキーになる

photo ユーブロックスのWi-Fi/Bluetoothを統合した超小型マルチ無線モジュール「ELLA-W1シリーズ」

 IoTに欠かせない要素はいくつも挙げることができるが、その1つに「ワイヤレス」を挙げることに論は待たないだろう。2014年のESECではセルラーモジュールと測位モジュールの展示を主としたユーブロックスジャパンだが、2015年、今回のESECでは短距離無線モジュールを製品ポートフォリオに加え、デモブースにて実際の使用方法も詳細に説明できる体制を整えている。

 ブースではBluetooth Low Energy(Bluetooth Smart)モジュール「OLP425」や4G LTEモジュール「TOBY-L210」などのデモおよび展示が予定されている。TOBY-L210は技適認証済みであり、かつ、LETカテゴリー4と3GPPリリース9に対応しており、高速なデータ通信が必要なIoT/M2M機器に最適であるとしている。

 また、同社では位置情報の取得(測位)技術についても強みを持ち、マルチGNSS測位製品や統合アンテナ、3D推測航法、室内測位オプションなども擁することから、「位置情報と無線通信技術の双方を効率的にユーザーに提供することが市場において、製品差別化の肝と理解しております」とIoT時代に大きな付加価値となる「位置情報と無線」の融合を、拡大した製品ポートフォリオとともに紹介していくとしている。

第18回 組込みシステム開発技術展(ESEC2015)

会期: 2015年5月13日(水)〜15日(金)
時間: 10:00〜18:00(15日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
ユーブロックスジャパンNo.: 西 3-31


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.