ニュース
» 2015年04月21日 16時00分 UPDATE

ESEC2015 開催直前情報:安全なクラウド接続と離れた現場の見える化を支援、サン電子

IoTやM2Mなどで“つながる”ことが前提となりつつある今、サン電子は産業用モバイルルータによるネットワーク構築と現場情報を監視するM2Mプラットフォームで、安全な接続と離れた現場の見える化を支援する。

[渡邊宏,MONOist]

 2015年5月13〜15日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第18回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2015)」および、IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第4回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2015およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 今回紹介するのは、産業用モバイルルータとM2Mプラットフォームで、安全なクラウド接続と、遠隔地での現場の見える化を支援するサン電子の出展内容だ。

photo

クラウドとの安全な接続と、遠隔地の見える化を支援

 産業用モバイルルータ「Rooster」シリーズの開発販売を行うサン電子は2014年夏にイスラエルのBacsoftと提携し、Bacsoftの展開するクラウド型ワイヤレスM2Mプラットフォーム「M2MGrid Platform」の提供を開始している。

 M2MGrid Platformはワイヤレス、なかでもモバイルネットワークを前提としたPLC対応のFA市場向けM2Mプラットフォームであり、無人環境でも安定した通信を実現する産業用モバイルルータ「Rooster」シリーズとの相性が良いといえる。

photo モバイルルータ「RoosterGX」

 同社ブースでは安定した通信を担保するASC(自律接続維持機能)を搭載したモバイルルータ「RoosterGX」シリーズと「M2MGrid Platform」の組み合わせによる設備監視/遠隔制御について紹介する他、LTE/3Gデュアル対応M2Mルータ「Rooster RX」、装置監視を低コストで実現するクラウドサービス「φFAICUBE(ファイキューブ)」の展示も行われる。

 IoTやM2Mといった全てのモノがクラウドへ“つながる”コンセプトが普及する中、同社はIndustry 4.1 Jを推進する任意団体「Virtual Engineering Company(VEC)」加盟するなど現場とクラウドの安全な接続をはじめ、“遠隔地での現場の見える化”にも注力しており、会場では「自社設備や装置をどうやってクラウドに接続するか」という課題に応える展示やデモを行う予定だ。

第18回 組込みシステム開発技術展(ESEC2015)、「第4回 IoT/M2M展」

会期: 2015年5月13日(水)〜15日(金)
時間: 10:00〜18:00(15日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
サン電子ブースNo.: 西 1-31(第4回 IoT/M2M展)


関連キーワード

IoT | Internet of Things | ESEC | M2M | 組み込みシステム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.