ニュース
» 2015年04月21日 18時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:Pepperに独自開発の会話エンジンを導入、“自然な対応”目指す

リクルートテクノロジーズは、同社の開発した会話Botをソフトバンク「Pepper」に導入、ショッピングセンターでの試験を実施する。

[渡邊宏,MONOist]

 リクルートテクノロジーズは2015年4月21日、同社の開発した会話Botをソフトバンク「Pepper」に導入、ショッピングセンター・アリオ橋本(神奈川県相模原市)に試験導入すると発表した。

 会話の認識(音声認識)はPepperおよびPepperのクラウドで行われるが、その先の形態素解析と会話生成を開発したクラウド上の会話エンジンで行い、そこで得られた返答をPepperからの「回答」として発声することで、利用者との自然な会話を可能にするという。

 同社はユニークな自動返信LINEアカウント「パン田一朗」の開発など、以前から自然言語処理に取り組んでおり、自然言語処理技術が研究段階から実践段階に移りつつあること、ロボット技術の発展が著しいことの2点から、Pepperへの搭載が可能であると判断、今回の試験導入に踏み切った。

photo ショッピングセンターで“自然な対応”を目指すPepper
photo

 アリオ橋本ではスーモカウンターに設置され、会話による接客やサービス案内を行う他、未就学児を対象にしたゲームの提供などを行う。設置期間は2015年4月23日〜5月10日の予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.