ニュース
» 2015年04月22日 07時00分 UPDATE

FAニュース:エネルギー消費の状態・変化を「見せる化」するソフトを発売

パナソニックとパナソニック デバイスSUNXは、エネルギー消費の状態・変化をリアルタイムで「見せる化」するソフト「EnerVisualizeR」を発売した。施設を利用する全従業員が、エネルギーの使用状況をリアルタイムに共有できる。

[MONOist]

 パナソニックとパナソニック デバイスSUNXは2015年4月2日、工場などのエネルギー使用状況や設備の稼働状況、再生可能エネルギーの発電状況など、エネルギー消費の状態・変化をリアルタイムで「見せる化」するソフト「EnerVisualizeR(エネビジュアライザ)」を発売したと発表した。エネルギー管理指定工場(1種・2種)・学校・病院・商業施設・EMS事業者など向けで、エネルギー消費量の最適化・低減への活動に寄与するという。

 EnerVisualizeRは、エネルギーの使用状況をリアルタイムに共有できるソフトウェア。画面をカスタマイズできるデジタルサイネージにより、社内各所に設置されたディスプレイで、エネルギー使用状況などのデータを見せることができる。これにより、管理部門などの特定の対象者だけでなく、施設を利用する全従業員が省エネに関する情報を共有できるため、コスト削減などに対する意識が向上するという。

 また、Webブラウザでエネルギー使用状況などの確認、データ管理が可能なため、PCにソフトをインストールする必要もない。日報・週報・月報などの帳票は、集計・グラフ化したデータを元に自動的に作成でき、必要に応じてカスタマイズすることで、エネルギーの無駄やムラの発見・分析に役立てることができる。

 さらに、15分間隔での電力使用状況の監視とデータ管理にも対応した。オプションでリアルタイムドライバをインストールすることで、1分ごとにデマンドを監視し、3段階で警報を発報できる。その警告を受けて、デマンドコントロールユニットを通じた空調機器などの制御も可能になっている。

photo 「EnerVisualizeR」と省エネ支援機器のシステム構成

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.