ニュース
» 2015年04月22日 13時00分 UPDATE

ISO26262:国産RTOS「eT-Kernel」がISO26262とIEC61508で最高安全度水準の認証を取得

イーソルは、同社のTRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel」が、自動車向けのISO 26262と一般産業機器向けのIEC 61508、2つの機能安全規格について、最高の安全度水準(ISO 26262はASIL D、IEC 61508はSIL 4)で第三者認証を取得したと発表した。国産OSとしては初の事例になるという。

[朴尚洙,MONOist]

 イーソルは2015年4月21日、同社のTRONベースリアルタイムOS「eT-Kernel」が、自動車向けのISO 26262と一般産業機器向けのIEC 61508、2つの機能安全規格について、最高の安全度水準(ISO 26262はASIL D、IEC 61508はSIL 4)で第三者認証を取得したと発表した。国産OSとしては初の事例になるという。認証機関はドイツのSGS-TUV Saarである。

 認証取得に合わせて、eT-Kernelとセーフティ関連ドキュメントをパッケージにした「eT-Kernel Platform Safety Package(以下、Safety Package)」の提供も始めた。Safety Packageは、ISO 26262とIEC 61508の両規格で認証を取得していることもあり、自動車向けと産業機器向けの2種類を用意。英語にも対応している。これにより、先進運転支援システム(ADAS)を含む車載システムや、工場で使う産業用ロボットなどの産業機器の規格適合に掛かるコストの低減や、製品の市場投入期間の短縮に貢献できるという。

sp_150422esol_01.jpgsp_150422esol_02.jpg 「eT-Kernel Platform Safety Package」の対象アプリケーション。自動車(左)と産業機器(右)(クリックで拡大) 出典:イーソル

 なおeT-Kernelは、専用の開発ツール「eBinder」と各種ミドルウェア、プロフェッショナルサービスで構成されるソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」として提供される。eT-Kernelの認証取得により、「安全なシステム開発へのeT-Kernel本体の適用性に加え、イーソルの製品開発プロセスの適正が確認された」(イーソル)という。

 また開発ツールのeBinderについても、eT-Kernelと同様にISO 26262/IEC 61508で規定されている最高レベルの安全要件を満たした開発を行っていることから、ツール認証取得を視野に入れている。

 さらに、IEC 61508と医療機器のソフトウェア開発と保守に関する安全規格であるIEC 62304のプロセス認証を取得することにより、2015年内に医療機器向けのSafety Packageをリリースする予定だ。

ISO26262−自動車向け機能安全規格−

ISO26262
ISO26262の解説記事と最新情報を集約した特集サイト

>>トップページはこちらから


関連キーワード

ISO26262 | 認証 | 機能安全 | RTOS | TRON


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.