ニュース
» 2015年04月24日 07時00分 UPDATE

FAニュース:コンデンサ内蔵のスピードコントロールモーターユニットを発売

オリエンタルモーターは、スピードコントロールモーターユニットの新製品「US2シリーズ」を発売した。コントローラにデジタル表示パネルと設定ダイヤルを搭載し、操作性が向上した。

[MONOist]

 オリエンタルモーターは2015年4月6日、スピードコントロールモーターユニット「US2シリーズ」を発売した。

 US2シリーズは、ユニットタイプスピードコントロールモーター「USシリーズ」の後継機となる。スピードを設定するコントローラにデジタル表示パネルと設定ダイヤルを搭載し、操作性が向上した。配線も容易で、モーターとスピードコントローラをコネクタで接続し、電源につなぐだけですぐに起動できる。スピードコントローラには、進相コンデンサを内蔵し、結線や配線を不要とした。

 さらに、モーターに搭載するレートジェネレータで回転速度をチェックすることで、負荷が変動しても設定速度を保つことができる。速度変動率は±1%(参考値)。また、制御回路のデジタル化により、負荷が変動しても安定した動作が可能だという。

 ギヤ出力軸回転速度・コンベア搬送速度の表示設定、データ保護機能の他、モーターの異常発熱や接続不良、出力軸が拘束されたことを検出する保護機能なども備えた。

 

 ラインアップは、直交軸ギヤードタイプ(出力25/40/90W)、平行軸コンビタイプ(出力6/15/25/40/60/90W)、丸シャフト(6/15/25/40/60/90W)の3タイプで、価格(税別)は、それぞれ2万6650円、1万9300円、1万4450円からとなる。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | FAニュース | 新製品


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.