ニュース
» 2015年05月02日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:ポリウレタン材料の新プラントを建設、生産能力は年間2000トン

三井化学は、新規ポリウレタンエラストマー「FORTIMO」とポリイソシアネート「STABiO」を製造する新プラント建設に着工した。コーティング・機能材事業の強化・拡大を図る。

[MONOist]

 三井化学は2015年4月20日、大牟田工場(福岡県大牟田市)に新規ポリウレタンエラストマー「FORTIMO(フォルティモ)」とポリイソシアネート「STABiO(スタビオ)」を製造する新プラントを建設すると発表した。起工式は同月16日に行われ、2016年8月に営業運転を開始する。

 FORTIMO/STABiOは、同社が世界で初めて開発したという特殊イソシアネート。FORTIMOは1,4-H6XDI(1,4−ビス〔イソシアナトメチル〕シクロヘキサン)と、これを使用したポリウレタンエラストマー材料で、主に自動車用エラストマー材料、弾性繊維などの衣料材料、医療用チューブ、高耐久性工業部材などに使用される。TABiOは、PDI(1,5−ペンタメチレンジイソシアネート)を使用したポリイソシアネートで、主な用途は自動車用塗料、プラスチック用塗料、粘接着剤など。

 同社では、2013年10月より両製品のマーケティングを進めていたが、その特性が評価され、需要が拡大しているという。今回、年間2000tの生産能力を持つ新プラントを建設することで、コーティング・機能材事業のさらなる強化・拡大を図る。

photo 大牟田工場で行われた起工式

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

工場 | 工場ニュース | プラスチック


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.