ニュース
» 2015年05月05日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:マレーシアにハイシリカゼオライト製造設備を新設、生産能力は約40%増に

東ソーは、合成ゼオライトの1種であるハイシリカゼオライト(HSZ)の製造設備を、マレーシア・トレンガヌ州に新設する。2017年半ばに商業運転を開始し、全体の生産能力は現在の約4倍に増加するという。

[MONOist]

 東ソーは2015年4月21日、合成ゼオライトの1種であるハイシリカゼオライト(HSZ)の製造設備を、マレーシア・トレンガヌ州に新設すると発表した。

 HSZは、自動車排ガス浄化触媒や揮発性有機化合物(VOC)の吸着除去剤、石油精製・石油化学の触媒として使用されている。特に、自動車排ガス浄化触媒向けは、日・米・欧の排ガス規制の強化に伴い、需要が拡大しているという。

 同社では現在、国内の南陽事業所(山口県周南市)、四日市事業所(三重県四日市市)で同製品を生産。自動車排ガス浄化触媒や石油精製・石油化学触媒向けなど、世界で販売を行っている。今回、日・米・欧の需要に加え、今後アジアでの需要が見込まれることから、新たな海外生産拠点の設置を決定した。

 投資額は約110億円で、2015年4月に着工し、2017年半ばに商業運転を開始する予定。工場の新設により、全体の生産能力は現在の約40%増になるという。

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | 工場 | マレーシア | 工場ニュース | FAニュース | 海外


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.