ニュース
» 2015年05月05日 08時00分 UPDATE

医療機器ニュース:薄肉・高剛性な医療機器用カテーテル用途の新型ポリイミド・チューブ

古河電気工業は、医療機器用カテーテル用途の新型ポリイミド・チューブを開発した。薄肉かつ高剛性で、安全性が高いため、カテーテル検査・治療の高精度化や開発期間の短縮、トータルコストの削減を可能にする。

[MONOist]

 古河電気工業は2015年4月20日、医療機器用カテーテル用途の新型ポリイミド・チューブ「VASCULEX」シリーズを開発、販売を開始した。

 カテーテルは近年、薬剤・造影剤の注入用途に加え、心臓病や腫瘍切除などの高度な血管内治療器具としても開発が進んでいる。特にカテーテル治療は、従来の開腹処置に比べて患者への負担が少ないため、今後さらに普及が進むことが予想されるという。

 VASCULEXシリーズは、薄肉かつ高剛性で、安全性の高いチューブとなる。各種医療機器の設計段階から、さまざまなニーズに合わせて設計することで、カテーテル検査・治療の高精度化、開発期間の短縮、トータルコストの削減が可能になるという。

 ラインアップは、USP Class 6取得のポリイミド単層チューブ「Type-S」と、内層ポリイミド・外層ポリアミドの2層構造の「Type-Ex」、内層ポリイミド・中層金属ブレード・外層ポリアミドの3層構造の「Type-B」の3種類。2015年4月に量産を開始し、2020年度には約10億円の売り上げを目指すとしてる。

photo VASCULEX Type-Ex
photo VASCULEX Type-B

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.