ニュース
» 2015年05月06日 07時00分 UPDATE

FAニュース:従来比4倍の演算性能を可能にしたCPUモジュール

安川電機は、マシンコントローラー「MP3300」のラインアップにCPUモジュール「CPU-302」を追加した。オープンモーションネットワーク「MECHATROLINK-III」を標準搭載し、通信周期125μsに対応した。

[MONOist]

 安川電機は2015年4月21日、マシンコントローラー「MP3300」のラインアップにCPUモジュール「CPU-302」を追加し、販売を開始した。

 CPU-302は、2013年11月に発売したCPUモジュール「CPU-301」をさらに高性能化したもの。ラダープログラム演算性能がMP2310の4倍に高速化し、装置の生産性と性能の向上に貢献できる。

 さらに、通信周期125μsに対応したオープンモーションネットワーク「MECHATROLINK-III」を標準で搭載した。ACサーボドライブ「Σ-7シリーズ」と組み合わせることで、加工精度や軌跡精度も向上するという。

 半導体・液晶製造装置、電子部品実装機、金属加工機、包装機、ロボットの他、一般産業用機械などの多軸制御や同期制御が必要な装置向けで、価格はオープン。同社では、CPU-301/CPU-302の両装置で、2015年度に約3600台の販売を目指すとしている。

mn_fanews_15042601a.jpg CPUモジュール「CPU-302」
photo MP2310のスキャンタイムを基準(100)とした場合の性能比較
photo OSP suite
photo ※高速スキャン設定125μsの場合、ラダープログラムで2軸の補間プログラム記述が可能

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.