ニュース
» 2015年05月07日 15時00分 UPDATE

ESEC2015 開催直前情報:多種多彩な無線モジュールとセンサーを応用例と展示、村田製作所

総合電子部品メーカーの村田製作所はESEC2015の同社ブースでIoT時代に欠かせない無線通信モジュールや各種センサーを展示する。展示するだけではなく、実際に使用する際の例(応用例)もあわせて紹介する。

[渡邊宏,MONOist]

 2015年5月13〜15日の3日間、組み込みシステム開発に必要なハードウェア/ソフトウェア/コンポーネントから開発環境までが一堂に集結する「第18回 組込みシステム開発技術展(以下、ESEC2015)」および、IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサー、アプリケーションが一堂に会する「第4回 IoT/M2M展」が開催される。

 ESEC2015およびIoT/M2M展の開催に先立ち、アイティメディアが運営する組み込み/エレクトロニクス関連メディア「MONOist」「EE Times Japan」「EDN Japan」では特設ページをオープンし、来場予定者や来場検討されている方々に向け、注目企業の見どころ情報を開催直前までお届けしていく。また、会期中・会期後も速報やリポート記事を多数掲載する予定なので期待してほしい。

 今回紹介するのは、IoT時代に欠かせない無線通信モジュールやセンサーを豊富に擁する村田製作所だ。同社ブースでは単にモジュールや部品を展示するだけではなく、その応用例もあわせて紹介される。

無線モジュールとセンサー、応用例も豊富に紹介

 村田製作所ブースでは、同社の擁する多種多彩な無線モジュールとセンサーを展示するだけではなく、実際に使用する際の例(応用例)もあわせて紹介される。

 無線通信モジュールについては、導入事業者のニーズに応じたデータの蓄積/解析/可視化の可能なIoT向けクラウドシステムフレームワークを紹介する。同社の得意とする無線モジュールとセンサーを利用したデータ収集から、ビッグデータ活用までのトータルソリューションが提案される。

 また、無線通信ソリューションについてはハードとソフト、両面からのサポートも紹介され、無線LANソフトウェアサービスや海外認証もサポートする電波法認証取得サービスなども紹介される。

 センサー類については気圧センサーや表面実装タイプ(SMD)の超音波センサーなどを中心に、センサー素子とアルゴリズムを組み合わせた小型低消費電力のセンサーノードも提案する展示内容となっている。

第18回 組込みシステム開発技術展(ESEC2015)

会期: 2015年5月13日(水)〜15日(金)
時間: 10:00〜18:00(15日(金)のみ17:00に終了)
会場: 東京ビッグサイト
村田製作所ブースNo.: 西 1-74


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.