ニュース
» 2015年05月08日 09時35分 UPDATE

ロボット開発ニュース:三井住友銀行がロボットスーツ「HAL」導入、現金の持ち運びに

三井住友銀行の子会社であるSMBCデリバリーサービスがサイバーダインの装着型ロボットスーツ「HAL 作業支援用(腰タイプ)」を導入。重量物である現金の集配金時に、作業者の負荷を軽減する。

[渡邊宏,MONOist]

 三井住友銀行は2015年5月7日、同社子会社であるSMBCデリバリーサービスがサイバーダインの装着型ロボットスーツ「HAL 作業支援用(腰タイプ)」を導入すると発表した。金融機関としての導入は初めて(同社)だ。

 SMBCデリバリーサービスは現金の集配金などを行う企業で、対象となる荷物は相当な重量があるため、身体に掛かる負担が高く、装着型ロボットの導入に踏み切った。

 ロボットスーツ「HAL」は腰に装着することで、重量物の持ち上げや運搬時に作業者の負担を減らす装着型ロボット。生体電流に応じてモーターアシスト量が自動調整されるため、利用者の意図に応じた補助を行える。SMBCデリバリーサービスが導入した作業支援用の他、介護支援用が用意されている。

photo 装着型ロボットスーツ「HAL 作業支援用(腰タイプ)」

 HALの導入については、大和ハウス工業が導入を前提とした実証実験を開始している他、オムロンが開発元のサイバーダインとロボット事業を含む基本同意書を締結、販売促進および保守をオムロンが行う事業提携も発表されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.