ニュース
» 2015年05月08日 11時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:中古車買い取りにPepper活用、ガリバーが導入

中古車販売のガリバーインターナショナルが、ソフトバンクのロボット「Pepper」を自動車買い取りの受け付け業務に導入する。

[渡邊宏,MONOist]

 中古車販売のガリバーインターナショナルが、ソフトバンクのロボット「Pepper」を自動車買い取り受け付け業務に導入する。独自アプリを搭載すること顧客からのヒアリングを行い、業務の時間短縮につなげる。

 買い取り受け付け時、来客自身や売りたい車の情報をPepperがヒアリングとタッチパネルへの入力で受け付け、情報を担当者に送る。担当者は入力された情報を基に買い取り金額を算出し、来客との接客に利用する。

photo ガリバーインターナショナルが導入したPepper(出展:ガリバーインターナショナル)

 現在は買い取り受付業務での利用だが、同社では購入受け付けや契約説明などのアプリケーションも開発中であり、新たな顧客層の開拓や新サービス提供につなげるとしている。

関連キーワード

Pepper | ロボット開発 | 接客


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.