ニュース
» 2015年05月09日 07時00分 UPDATE

工場ニュース:VTCなどの自動車機器システムの生産工場をインドに建設

日立オートモティブシステムズは、インド・チェンナイに自動車機器システムの新工場を完工した。投資額は約50億円で、2015年10月にバルブタイミングコントロールと点火コイルの生産を開始する。

[MONOist]

 日立オートモティブシステムズは2015年4月16日、日立オートモティブシステムズインドが、インド・チェンナイに自動車機器システムの新工場を完工したと発表した。

 インドは現在、国内向け自動車に加え、国外向け輸出自動車の生産台数も増加している。2020年までには、中国・米国・日本に次ぐ世界第4位の自動車生産国になると予測され、世界の自動車産業において、その存在感が高まっているという。

 同社では、インドをグローバル事業戦略の重要拠点と位置付け、2012年4月に日立オートモティブシステムズインドを設立。さらに今回、約50億円を投資し、統合工業団地「ワンハブ・チェンナイ」の敷地内に新工場を建設した。

 新工場では、2015年10月にバルブタイミングコントロール(VTC)と点火コイルの生産を開始し、その後さらに生産品目の拡大を図る。VTCや点火コイルをインドで生産することで、グローバル品質・グローバルプライスを可能にし、現地調達を拡大するという。

 さらに同社では、新工場の立ち上げとともに、クロスセルによる新規製品の投入や新規顧客の獲得、グローバルエンジンプラットフォームへの供給体制強化など、事業拡大を図るとしている。

photo 日立オートモティブシステムズインドの新工場

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

インド | 工場 | 自動車 | 工場ニュース | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.