ニュース
» 2015年05月13日 07時00分 UPDATE

FAニュース:吸光度のピーク検知をより正確に行うレーザーガス分析計を発売

横河電機は、プラントで燃焼時のガスの濃度を測定するレーザーガス分析計「TDLS8000」を開発した。投光部に新開発のリファレンスセルを搭載したことで、吸光度のピーク検知をより正確に行える。

[MONOist]

 横河電機は2015年5月7日、石油・石油化学・電力・鉄鋼などのプラントで、燃焼時のガスの濃度を測定するレーザーガス分析計「TDLS8000」を発売した。化学反応や燃焼時の酸素濃度測定、燃焼時の一酸化炭素濃度測定などの用途に向ける。

 TDLS8000は、投光部に新開発のリファレンスセルを搭載したことで、吸光度のピーク検知をより正確に行うことができる。また、測定対象に応じて検出感度を自動で最適化するオートゲイン機能により、信号対雑音比(S/N比)が向上。石炭の燃焼ガスなど、ダスト濃度が大きく変動するガスでも、現場で光の強度を調整することなく高精度に測定できる。

 操作画面には、7.5インチの液晶タッチスクリーンを採用した。液晶画面が拡大したことで、現場で確認できるデータの種類も増加している。さらに、投光部のレーザー素子を破損しにくい密閉構造のモジュール型にした他、校正データも所持できる。これにより、レーザーモジュールの交換時に、分析計本体を取り外して校正する作業が不要となり、メンテナンス効率が向上した。

 外観サイズ・重量は、従来製品の4分の3に小型・軽量化。IECExや欧州のATEX、米国のFM、カナダのcFM、日本のTIISなど、各種防爆認証の取得も予定しており、防爆性能が求められる危険区域へも導入が可能になるとしている。

photo TDLS8000

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

ガス | FA | 横河電機 | FAニュース | 石油


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.