ニュース
» 2015年05月15日 07時00分 UPDATE

IoT/M2M展:M2Mをパッケージで安価に提供、サン電子が“菜園”でアピール

サン電子が「第4回 IoT/M2M展」に出展、産業用モバイルルータとM2Mプラットフォームを1社提供することで、安価&小規模からの導入が可能な遠隔制御&監視ソリューションを紹介した。

[渡邊宏,MONOist]

 サン電子は「第18回 組込みシステム開発技術展(ESEC2015)」と同時開催されている「第4回 IoT/M2M展」(会期:2015年5月13〜15日)に出展、同社産業モバイルルータとM2Mプラットフォームを組み合わせた遠隔監視ソリューションを紹介した。産業用向けながら受託ではなくパッケージとして提供するため、安価&小規模からの導入が可能だという。

 同社は2014年夏にイスラエルのBacsoftと提携し、Bacsoftの展開するクラウド型ワイヤレスM2Mプラットフォーム「M2MGrid Platform」の提供を開始している。同社ブースでの展示はこのM2Mプラットフォームに、産業用モバイルルータ「Rooster」シリーズを組み合わせたものだ。

photo 産業用モバイルルータ「Rooster」とM2Mプラットフォーム「M2MGrid Platform」を組み合わせた植物工場デモ

 M2MGrid Platformはワイヤレス、なかでも3Gなどのモバイルネットワークを前提としたPLC対応のM2Mプラットフォームであり、同社ではASC(自律接続維持機能)を搭載したモバイルルータ「RoosterGX」シリーズとの相性が良いと説明する。ブースでは植物工場を想定した展示で、遠隔地から工場内の監視、照明/ファンの制御を行っていた。

photo 遠隔地から工場内の映像、照度、温度を確認。接続先の3G回線強度も確認できる
photo ASC(自律接続維持機能)を搭載したモバイルルータ「RoosterGX」 

 クライアント(遠隔操作元)とクラウド、機器制御付きルータまでも1社にて提供することからシステム導入をパッケージ化しており、「構成次第だが、数十万円レベルから提供できる」(同社)という遠隔監視ソリューションの低価格化も実現している。パッケージ販売を基本とするがカスタマイズも可能で、規模の増大や遠隔地/クラウド間の専用線導入などにも対応する。

関連キーワード

M2M | IoT | ESEC | 監視ソフト・サービス | サン電子


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.