ニュース
» 2015年05月15日 07時00分 UPDATE

FAニュース:EtherCATインタフェース搭載の多軸サーボアンプを開発

山洋電気は、EtherCATインタフェースを搭載した多軸サーボアンプを開発した。DC電源の4軸一体型サーボシステムで、通信速度100Mbps、最短通信周期125μsecの高速通信を可能にした。

[MONOist]

 山洋電気は2015年4月23日、サーボシステム「SANMOTION R ADVANCED MODEL」のラインアップを拡充し、EtherCATインタフェースを搭載した多軸サーボアンプを開発した。発売は同年5月25日の予定。

 今回開発された多軸サーボアンプは、DC電源の4軸一体型サーボシステムとなる。高速フィールドバスのEtherCATインタフェースを搭載したことで、通信速度100Mbps、最短通信周期125μsecの高速通信を可能にした。これにより、位置・速度などの指令がより細分化され、装置の動作がスムーズになるという。

 また、発生した回生電力を他のモーターの電力として使用可能で、装置の省エネルギー化を図ることができる。制御ユニット内で各軸のエンコーダ信号をフィードバックし、サーボモーターのタンデム運転も可能にした。

 1軸当たりの出力容量が20〜30Wの「RF2J24A0HL5」と20〜200Wの「RF2K24A0HL5」の2種を用意し、価格はオープン。チップマウンタ、半導体製造装置、搬送装置など、実装スペースが限られる装置の用途に向ける。

photo EtherCATインタフェース搭載の多軸サーボアンプ

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

通信 | EtherCAT | インタフェース | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.