ニュース
» 2015年05月15日 16時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:“悪意あるドローン”にALSOKが対応策

警備会社のALSOKが“悪意あるドローン”による被害を低減するため、「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」にドローン対策を追加する。

[渡邊宏,MONOist]

 ALSOKが“悪意あるドローン”による被害を低減するため、提供中の「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」にドローン対策を追加する。

 ALSOKゾーンセキュリティマネジメントは商業ビルやイベントなど空間や雑踏に対する警備として、ICT装備を持った警備員と各種センサー機器を組み合わせたセキュリティサービス。

 “悪意あるドローン”への対策として、音響センサーや電波探知機などのセンサー群を組み合わせて警戒領域へのドローン侵入を検知、状況に応じて関係者/関係機関へ連絡するとともに、警備員への対応も指示する。

photo 「ALSOKゾーンセキュリティマネジメント」によるドローン対策

 ドローン発見の際には音紋マッチングや画像による機体識別を行うことでリスク判定を行い、リスクに応じた被害拡大防止を行える体制を構築することで、“悪意あるドローン”への現実的な対応策として提供するとしている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.