ニュース
» 2015年05月18日 12時00分 UPDATE

自動運転技術:グーグルの完全自動運転車がシリコンバレーの公道を走る、2015年夏から

Googleは、同社が開発したドライバーを必要としない完全自動運転車(fully self-driving vehicle)について、2015年夏から公道上での走行試験を始めると発表した。まずは、同社が本社を構えるシリコンバレー地区のカリフォルニア州マウンテンビューで、数台の完全自動運転車を走行させるという。

[朴尚洙,MONOist]

 Googleは2015年5月15日(米国時間)、同社が開発したドライバーを必要としない完全自動運転車(fully self-driving vehicle)について、同年夏から公道上での走行試験を始めると発表した。まずは、同社が本社を構えるシリコンバレー地区のカリフォルニア州マウンテンビューで、数台の完全自動運転車を走行させるという。

 同社の完全自動運転車は、テストコースでの走行試験を繰り返して、ソフトウェアやセンサーなどの安全性を確認してきた。100万マイル近い距離の走行試験を重ねてきた「レクサスRX450h」ベースの自動運転車に用いられている自動運転のソフトウェアが、完全自動運転車に用いられている。その経験は、一般的な米国成人の運転経験75年分に相当するという。

Googleの完全自動運転車の走行イメージ Googleの完全自動運転車の走行イメージ(クリックで拡大) 出典:Google

 完全自動運転車が公道走行を行う際には、最高時速は25マイル(約40km)に抑えられる。また、万が一の安全確保のためにドライバーも同乗する。取り外し可能なステアリングとアクセルペダル、ブレーキペダルを装備して、必要があればそのドライバーが運転を引き継げるようになっている。「数年内には、このような完全自動運転車で人々が何をしたいかを調査することを目的とした小規模のプロジェクトにつなげたい」(Google)としている。

関連キーワード

Google | シリコンバレー | 自動走行車


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.