ニュース
» 2015年05月18日 22時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:リコーが「発電ゴム」、ゴムの柔軟さでセラミックスなみの高出力

リコーが圧力や振動で発電する「発電ゴム」を開発した。セラミックス同様の高出力と、高分子樹脂なみの柔軟性を兼ね備え、生産性も高いとしている。

[渡邊宏,MONOist]

 リコーは2015年5月18日、圧力や振動で発電する「発電ゴム」の開発を発表した。圧電材料であるセラミックスの高出力性と、高分子樹脂の柔軟性の双方を兼ね備えた素材として、センサーなどに向けた実用化を進める。

 圧電材料としてはセラミックスが高出力性もあり普及しているが、壊れやすい、重い、鉛を含むなどの課題があり、PVDF(ポリフッ化ビニリデン)に代表される高分子樹脂は柔軟性に優れるが主力が低いという課題を抱えている。

 同社の開発した発電ゴムはセラミックスなみの出力と、高分子樹脂以上の柔軟性を備えており、また、高い加工性と高温加工が不要なことよる生産性も兼ね備える。

photo リコーの開発した「発電ゴム」

 発電ゴムの発電機構は従来の圧電材料と異なるとしており、材料や出力データなども公開されていない。同社では東京理科大学(山本貴博准教授)との共同研究によって機構の解析を進め、応用展開を目指すとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.