ニュース
» 2015年05月19日 07時00分 UPDATE

FAニュース:Windows OS搭載のパネルコンピュータシリーズに12.1型モデルを追加

光洋電子は、パネルコンピュータ「NX-20」シリーズに12.1型モデルを追加した。CPUにIntel Atomプロセッサを採用した他、LEDバックライトを搭載し、きめ細かな輝度調整機能などを備えた。

[MONOist]

 光洋電子工業は2015年4月22日、Windows Embedded OSを搭載したパネルコンピュータ「NX-20」シリーズに、12.1型モデルを追加したと発表した。

 今回発表された12.1型モデルは、CPUにIntel Atomプロセッサを採用。加えて、駆動部品を整理し、LEDバックライトを採用したことで、きめ細かな輝度調整機能などを備えた。

 液晶ディスプレイには、上下左右各85度の斜め方向から見ても、色・コントラストを損なわないTFTカラー液晶を搭載している。そのため、高所・管理室など、角度のある場所からの確認作業でも高い視認性を維持できる。

 機械装置への取り付けは、背面から組み込むオープンフレームタイプと、前面から埋め込むベゼルタイプから選択できる。オープンフレームタイプは、強固なフレームの採用により、ユニットケースを必要とせず、幅広い機械装置に対応できる。取り付け面とパネルコンピュータの画面が面一になるため、油などの浸入に強いという。

 またベゼルタイプは、全面埋め込みのため、取り付けが容易。耐久性の高いパッキンを使用したことで、粉塵・汚れ・水などの浸入も防止できる。

 ラインアップは、OSがWindows Embedded Standard 2009の「NX-G20」「NX-G20-B」と、Windows Embedded Standard 7の「NX-G21」「NX-G21-B」の4種(Bはベゼルタイプ)となっている。

mn_fanews_15051002.jpg

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.