ニュース
» 2015年05月19日 11時00分 UPDATE

人テク展2015 開催直前情報:スポーツカーの模型を使ってコネクタ/ハーネス/センサーの使われ方を体感

タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展(人テク展)2015」において、スポーツカーの模型を使った展示を展開。模型内部に、アプリケーション別のユニット基板にマウントされたオスコネクタ、ユニット間をつなぐハーネス、センサーなどが組み込まれており、実際のクルマの中で使われ方を理解できるという。

[朴尚洙,MONOist]

 タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2015」(2015年5月20〜22日、パシフィコ横浜)の出展概要を発表した。

 今回は、スポーツカーの模型を使った展示を展開し、同社の製品をより現実に近づけた状態でアピールする。模型内部には、アプリケーション別のユニット基板にマウントされたオスコネクタ、ユニット間をつなぐハーネス、センサーなどが組み込まれており、これらの製品が実際のクルマの中で、どのように使用されているか理解することができるという。

 主な出展製品は4つ。車載対応高速情報通信コネクタ、車載用非接触式ストロークセンサー、電気自動車・ハイブリッド車用コネクタ関連製品、車内装飾/照明用アンビエントライティング製品だ。

 車載対応高速情報通信コネクタでは、カーナビゲーションシステムやカーオーディオなどの車載情報機器に必須となっている高速通信/無線通信/光伝送のためのコネクタを展示する。アクセルやブレーキなどに用いられる車載用非接触式ストロークセンサーは、非接触式のセンシングシステムにより機械的摩耗を生じないことが特徴が特徴になるという。

 電気自動車やハイブリッド車では、走行用モーターやインバータ、二次電池パックなど一般的な車載ステムとは違って扱う電圧が数百Vなどの高電圧になる。同社は、そういった高電圧に対応するコネクタ関連製品を、電気自動車やハイブリッド車向けに提案している。車内装飾/照明用アンビエントライティング製品では、LEDベースの車室内照明システムについて、光学設計から製品供給までをトータルで提供できるとしている。

「湿度センサー」なども展示する予定 「湿度センサー」なども展示する予定(クリックで拡大) 出典:タイコ エレクトロニクス ジャパン

人とくるまのテクノロジー展2015

会期 2015年5月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜18:00(22日は17:00まで)
会場 パシフィコ横浜
タイコ エレクトロニクス ジャパン・ブースNo. 332


人とくるまのテクノロジー展2015 ≫↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑≪

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.