ニュース
» 2015年05月19日 13時00分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2015 開催直前情報:パラレルリンクロボや6軸制御ロボの実演でモーター技術をアピール――山洋電気

山洋電気は、「TECHNO-FRONTIER 2015」(2015年5月20〜22日、幕張メッセ)内で開催される「モータ技術展」において、同社のサーボシステム新製品とともに多彩なデモを出展。高速動作のパラレルリンクロボや6軸多関節ロボの実演などを行い、同社のモーター技術や製品ラインアップをアピールする。

[MONOist]

 2015年5月20〜22日の3日間、メカトロニクス/エレクトロニクス関連の最新の要素技術が一堂に集結する「TECHNO-FRONTIER 2015」(テクノフロンティア/会場:千葉・幕張メッセ)が開催される。

 TECHNO-FRONTIER 2015の開催に先立ち、アイティメディアが運営するモノづくり/エレクトロニクス関連メディア「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」では、TECHNO-FRONTIER 2015の特設ページを設け、各編集部が厳選した注目企業の見どころ情報や新製品リリース、速報、イベントリポートなどを紹介する。

 今回紹介するのは、さまざまな用途に合わせた多彩なサーボモーターやステッピングモーターのシステム、幅広い産業用ファンなどを扱う山洋電気だ。

>>3メディア合同「TECHNO-FRONTIER 2015特集」


環境対応を強化したモーターやファン

 山洋電気は、TECHNO-FRONTIER 2015で、新製品・主力製品を出展し、業界トップの技術力・製品をアピールする。

 山洋電気の製品は、一般産業機器や通信装置などに多く採用されているが、これらの機器では、環境保護やエネルギー問題の観点から、低消費電力への要求が強くなっている。山洋電気ではこのニーズに応えるため、サーボシステムの新製品として、「SANMOTION R 3E Model」を投入。基本性能の向上や使いやすさとともに、消費電力の削減と、モニター機能による見える化を実現した。

 一方、冷却ファンでも、消費電力を従来品の半分近くまで削減したファンや、高風量・高静圧によって装置へ搭載するファンの台数を減らすことができる新製品を展示し、これらの環境対策に貢献するという。

photo 中容量帯を追加した新サーボシステム「SANMOTION R 3E Model」(クリックで拡大)※出典:山洋電気

新規用途拡大に向け多彩な体感デモを用意

 山洋電気のサーボシステムおよびステッピングシステムは、豊富なラインアップによってチップマウンタ・工作機械・ロボット・半導体関連機器・食品関連機器など、さまざまな用途に対応可能だ。これらの領域に加え、新たな用途や市場の開拓を進めていく。

 新規開拓に向けて強化しているのが、製品の性能を体感できるデモだ。サーボシステム製品では、高速動作のパラレルリンクロボットをはじめ、6軸多関節ロボットや、振動抑制の有無を比較できるデモ機、実際に水をかける耐環境性の高い防水デモ機などを展示する。これらは一部は山洋電気の工場で実際に使用されているもので、新製品を含むサーボシステム、リニアサーボシステム、ステッピングシステムが搭載されている。同社のモーター技術の強みをより分かりやすく訴える方針だ。

 冷却ファンのデモ機も、単純に冷やすだけではない高付加価値を体感できる展示としている。同社は特に特殊用途における冷却ファンで特徴を持っているが、2014年に発表した、−40℃〜+85℃という温度範囲で使用できる耐温ファンや、防水ファン・低消費電力ファンなどの豊富なラインアップをそれぞれデモする。

 その他、超小型のフランジサイズ20mm角サーボモータ、低振動を実現した2相・5相ステッピングドライバ、従来品より大幅に使用環境を広げた耐温ファンなどの新製品を展示するとしている。

photo 小型20mm角サーボモータ「SANMOTION R」(クリックで拡大)※出典:山洋電気

TECHNO-FRONTIER 2015

会期 2015年5月20日(水)〜22日(金)
時間 10:00〜18:00
会場 幕張メッセ(千葉市)
山洋電気 ブースNo.:8C-201


TECHNO-FRONTIER 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.