ニュース
» 2015年05月20日 14時00分 UPDATE

ベンチャーニュース:仮想現実を視線で操作! “第3世代”のHMDが資金調達へ (1/2)

スタートアップ企業のFOVEは同社の視線追跡技術を搭載したヘッドマウントディスプレイ「FOVE」の量産に向け、2015年5月19日よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達を開始すると発表。目標額は25万米ドル(約3000万円)。

[陰山遼将,MONOist]

 スタートアップ企業のFOVEは2015年5月19日、DMM.make AKIBAで会見を開き、同社のVR ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「FOVE」の量産に向け、同日よりクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で資金調達を開始すると発表した。調達標は25万ドル(約3000万円)で、価格は349米ドルから。


rk_150520_fove01.jpg VRヘッドマウントディスプレイ「FOVE」(クリックで拡大)出典:FOVE
rk_150520_fove02.jpgrk_150520_fove03.jpg 「FOVE」の外観(クリックで拡大)出典:FOVE

 FOVEは視線追跡技術と動作追跡技術を搭載するVR HMD。ディスプレイの解像度は2560×1440、視野は100度以上、フレームレートは90fps、重量は400gを予定している。小型赤外線視線追跡システムを2つと低遅延性6/9自由度の慣性測定ユニットを搭載しており、装着したユーザーは、“頭と目”を使って仮想空間を操作できる。

 FOVEが大きな特徴としてアピールするのが視線追跡技術だ。ユーザーは視線の動きによって仮想空間に対してさまざまな入力操作を行える。デモンストレーションでは、視線で捉えた部分にビームを発射して敵を倒すゲームや、目線が合うとそのキャラクターがほほ笑むといったコミュニケーションとしての用途が披露された。

rk_150520_fove04.jpgrk_150520_fove05.jpg 会場で披露されたデモンストレーション(クリックで拡大)

 会見に登壇したFOVE CEOの小嶋由香氏は、「“視線”はマウスやキーボードよりも最適な入力インタフェース。一般的なHMDで利用されているこうした2次元的な操作より、素早く正確で自然な入力を実現する」と語り、さらに「これまでのHMDは、使用するのにハイスペックなPCが必要だった。しかし視線追跡技術の搭載により、ユーザーが注視している部分のみにレンダリングパワーを集中させ、見ていない部分を低解像度でレンダリングすることによって、将来的には低スペックなノートPCやスマートフォンでも仮想現実を楽しめるようになる」(小嶋氏)としている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.