特集
» 2015年05月21日 07時00分 UPDATE

FAニュース:超高効率変圧器を改良、小型・軽量化で幅広い搬入・設置に対応

日立産機システムは、超高効率変圧器「SuperアモルファスZero」シリーズをさらに改良した。従来に比べて小型・軽量化したことで、これまで搬入・設置が困難だったケースにも対応可能になるという。

[MONOist]

 日立産機システムは2015年5月12日、アモルファス変圧器「SuperアモルファスZeroS」「SuperアモルファスZeroMS」シリーズを改良したと発表した。

 SuperアモルファスZeroS/SuperアモルファスZeroMSシリーズは、耐震性能を強化した超高効率変圧器。無負荷損・負荷損を低く抑え、トップランナー変圧器2014を上回る省エネ性能を可能にした。

 今回の改良により、SuperアモルファスZeroSシリーズ(油入変圧器)は、外形寸法を従来比最大21%、質量を最大11%低減している。また、SuperアモルファスZeroMシリーズ(モールド変圧器)では、質量を従来比最大8%低減した。エネルギー消費効率基準達成率は、いずれも140%以上となっている。

 従来に比べて小型・軽量化したことで、これまで搬入・設置が困難だったケースにも対応可能になるとしている。

photo 「SuperアモルファスZero」シリーズ(左:油入変圧器、右:モールド変圧器)

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.