ニュース
» 2015年05月22日 10時00分 UPDATE

人とくるまのテクノロジー展2015:「シャトル」の回生ブレーキ、DC-DCコンバータの体積当たり出力が1.5倍に

住友電装は、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、ホンダが2015年5月に発売したステーションワゴン「シャトル」の回生ブレーキに採用されたDC-DCコンバータについて紹介した。

[朴尚洙,MONOist]

 住友電装は、「人とくるまのテクノロジー展2015」(2015年5月20〜22日、パシフィコ横浜)において、ホンダが2015年5月に発売したステーションワゴン「シャトル」の回生ブレーキに採用されたDC-DCコンバータについて紹介した。

 ホンダは2013年9月発売の「フィット」のガソリンエンジン車モデルに、電気二重層キャパシタを用いた回生ブレーキを採用(関連記事:新型「フィット」と新型「アクセラ」の電気二重層キャパシタは日本ケミコン製)。同年12月発売の「ヴェゼル」のガソリンエンジン車モデルも同じ回生ブレーキを採用していた。

 これに対してシャトルは、回生ブレーキの充放電の効率をさらに高めるため、住友電装のDC-DCコンバータを新たに採用した。大電流が流れる銅のバスバー上に直接FETを搭載できる同社独自の高放熱基板技術「PSボード」を採用することで、一般的な厚銅基板に比べて熱抵抗を4分の1に低減している。これにより、DC-DCコンバータの体積当たりの出力を50%向上できたという。

住友電装が回生ブレーキのDC-DCコンバータに採用した技術の詳細 住友電装が回生ブレーキのDC-DCコンバータに採用した技術の詳細(クリックで拡大) 出典:住友電装

人とくるまのテクノロジー展2015 ≫↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑≪

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.