ニュース
» 2015年05月23日 07時00分 UPDATE

FAニュース:インテル Core i7プロセッサ搭載の産業用プラットフォーム

コンテックは、CONTEC DTxと共同で、インテル・バーチャライゼーション・テクノロジーに対応した産業用プラットフォーム「EPC-S2100シリーズ」を開発した。2015年3月25日付で、インテル産業用ソリューション・システム統合シリーズに認定された。

[MONOist]

 コンテックは2015年5月11日、子会社のCONTEC DTxと共同で、インテル・バーチャライゼーション・テクノロジーに対応した産業用プラットフォーム「EPC-S2100シリーズ」を開発したと発表した。リアルタイム・組み込み用仮想化システムが容易に導入できる量産プラットフォームとして、同年3月25日付でインテル産業用ソリューション・システム統合シリーズに認定された。

 EPC-S2100シリーズは、インテル産業用ソリューション・システム統合シリーズ基準に基づいて設計。複数の機能を1つのプラットフォームへ集約したことで、コスト削減や効率化の向上が可能になるという。

 また、第4世代のインテル Core i7プロセッサを搭載し、産業用アプリケーション向けの汎用入出力に対応した。

photo 産業用プラットフォーム「EPC-S2100シリーズ」

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.