ニュース
» 2015年05月25日 07時00分 UPDATE

FAニュース:計測制御・遠隔監視システムの強みを生かしたM2M/IoTソリューション

コンテックは、計測制御・遠隔監視システムの強みを生かしたM2M/IoT向けデバイス・クラウドサービスを開発した。M2M/IoTシステム基盤をワンストップで提供するソリューション「CONPROSYS」として提供する。

[MONOist]

 コンテックは2015年5月13日、計測制御・遠隔監視システムの強みを生かしたM2M/IoT向けデバイス・クラウドサービスを開発し、M2M/IoTシステム基盤をワンストップで提供するソリューション「CONPROSYS」として提供を開始した。日本国内をはじめ、アジア・北米・欧州で展開していく。

 CONPROSYSは、デバイスとクラウドサービスを組み合わせた遠隔監視・保全システムパッケージとなる。FAをはじめ、社会インフラ、再生可能エネルギー、スマートアグリなどの各業界に遠隔監視システムをパッケージとして提供する他、デバイスやソフトウェアなどコンポーネント単体でも提供する。

 コンポーネントは、ハード・ソフトの両面から細部までコネクティビティを追及。デバイスは設置・ケーブル配線がしやすく、プログラム言語の専門知識がなくても制御スクリプトを組むことができる。また、M2Mコントローラーは、収集したデータを上位に送信するだけでなく、収集データの演算やフィールド機器の制御もできる。

 OPC-UA、EtherCAT、Modbusなど、業界標準の通信規格に対応し、マルチベンダーの構成でさまざまな業界のアプリケーションを構築できる。ハードウェアについては、今後UL、EN、CEマークなど、世界各国の安全規格に順次対応する予定だ。

 さらに、現場環境の「見える化」や遠隔制御、データ管理などが各自で行えるプラットフォームをクラウドサービスで提供する。外部システムと連携するAPIもあるため、業務システムやビッグデータ分析ツールなど、さまざまなシステムとの連携も可能になっている。

photo
photo M2M/IoTソリューション「CONPROSYS」の概念図

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.