ニュース
» 2015年05月26日 17時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:サービスロボット、2020年に1兆円超え規模に

富士経済が非製造業向けサービスロボットの市場予測結果を発表した。2020年には2014年比で約2.4倍の1兆5677億円に成長する見込みだ。

[渡邊宏,MONOist]

 富士経済は拡大が期待される非製造業向けサービスロボットと関連する構成部材に関する調査を行い、2020年までの市場予測報告書「2015 ワールドワイドロボット市場の現状と将来展望」を発表した。自動車のADASや生活支援ロボットに先導されるかたちで市場は拡大するとしており、2020年にサービスロボットの市場は1兆5677億円に成長すると予測している。

 調査は2015年1月から3月にかけて行われ、非製造業向けサービスロボット20品目、製造業向け産業用ロボット16品目、半導体・電子部品実装向けロボット7品目、およびロボット向け構成部材7品目について分析された。

 非製造業向けサービスロボットは2014年に6499億円の規模を持つが、2020年には約2.4倍の1兆5677億円に成長し、製造業向け産業用ロボット(2020年予測では7508億円)を上回ると予想している。自動車関連と生活(家事)支援が大きな生み出すとみられるが、インフラ点検や災害復興、介護福祉、見守りなどの用途も伸びるとみられる。

 ただ、報告書では「製造業向け産業用ロボット」と「半導体・電子部品実装向けロボット」「協調可能な製造業向けロボット」は別集計されており、これらの2020年市場規模予測を合計すると「非製造業向けサービスロボット」を上回る。

 2014年から2020年での伸び率という点で注目なのが、装着型ロボット(パワーアシストスーツ)だ。2014年には20億円の市場が2020年には約5.8倍の70億円に成長するとみられる。その背景には生活支援ロボットの国際安全規格であるISO 13482が発行された事による製造者側のルール策定や、世界的に進む高齢化による介護需要、製造現場での省力化対応などが挙げられる。

photo イノフィス「腰補助用マッスルスーツ」
photo サイバーダイン「ロボットスーツ HAL 作業支援用」の使用イメージ

 一方で成長の鈍化が懸念されるのが、家庭用掃除ロボットだ。2020年には2014年比で113%の2500億円市場に成長するとみられるが、現在は設定されたルートを移動するだけの低価格品の伸びが目立ち、同社ではブランドの確立やデザインの重視、高機能化など、利用者の嗜好にあわせた展開がメーカーに求められるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.