ニュース
» 2015年05月27日 12時00分 UPDATE

TECHNO-FRONTIER 2015:これぞIoT! 産業用モーターの「温度・振動・異常」が全てスマホで監視可能に

三協(TECO JAPAN)は「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」において、スマートフォンを利用した産業用モーターの遠隔管理システム「TECO IE3 スマートモータ」を展示。モーターの稼働状況をリアルタイムに把握することで、異常の早期発見や設備メンテナンスの効率化に貢献するという。

[陰山遼将,MONOist]

 台湾の電気機器メーカー東元電機(TECO)の日本法人である三協(TECO JAPAN)は、「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」(2015年5月20〜22日、幕張メッセ)において、スマートフォンを利用した産業用モーターの遠隔管理システム「TECO IE3 スマートモータ」を展示した。モーターの稼働状況をリアルタイムに把握することで、異常の早期発見や設備メンテナンスの効率化に貢献するという。

rk_150526_teco01.jpg 三協が展示したシステムの構成(クリックで拡大)

 同システムはモーターに内蔵する温度/振動センサー、電源装置に取り付けた電流/電圧センサーと、TECOが提供するクラウドモバイルサービスで構築されている。ユーザーは温度/振動情報、使用電力といったモーターの稼働情報を、専用のスマートフォンアプリ上からリアルタイムに確認できる。使用電力の統計情報を取得することも可能だ。

 こうした情報の他、稼働中のモーターの温度や振動がユーザーが設定した値を越えた場合には警告を出す機能や、日/月単位での稼働状況のリポート表示、異常を確認した場合にアプリ上からメーカーに連絡を行える機能なども備えている。

rk_150526_teco02.jpg 「TECO IE3スマートモータシステム」のアプリ画面 (クリックで拡大)出典:三協

 三協のブース担当者は「モーターに関するトラブルは早期発見できるに越したことはない。直ちに発見できれば数万円の修理で済んだようなトラブルでも、発見が遅れたために大きな損害になるケースも多い。こうしたリアルタイムのモニタリングサービスというのは非常に有効だと考えている」と述べている。

 2015年4月から産業用モーターの省エネ規制「トップランナー基準」の新基準となるIE3規制がスタートした(関連記事:2015年春の規制開始に向け各社がトップランナー基準適合モーターをアピール )。これに伴い各メーカーが横並びでIE3規制対応のモーターを展開するなかで、TECOはこうした付加価値サービスで競争力を強化していく狙いだ。

 なお、このスマートモーターシステムは、TECOのIE3規格に対応したモーターとのセット販売のみで提供される。販売時期は2015年の秋頃を予定しており、価格については「モーターの購入を検討するユーザーの負担にならない程度に収めたい」としている。

TECHNO-FRONTIER 2015特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.