ニュース
» 2015年05月27日 14時00分 UPDATE

組み込み開発ニュース:「安全確保を自動で行う家電」防災情報対応ビーコンで実現

アプリックスIPホールディングスは家電組み込み用に提供している「お知らせビーコン」へ、防災情報対応の機能を追加した。「夜間にスマホが地震速報を受信したら、自動的に明るくなる照明」などの開発が容易に行える。

[渡邊宏,MONOist]

 アプリックスIPホールディングスは2015年5月27日、家電組み込み用に提供している「お知らせビーコン」に防災情報対応の機能を追加したと発表した。1個約300円と既存製品とほぼ変わらぬ価格にすることで、幅広い家電製品への搭載を狙う。

 防災情報対応とすることで、スマートフォンに届いた防災情報を自動的に感知する「安全確保を自動的に行う家電」を開発することが可能になる。照明器具ならば、夜間に災害情報を受信すれば自動的に明かりを付ける、暖房器具ならば自動的に運転を一次停止するするなど、想定される事例は数多い。

 また、お知らせビーコンが搭載している近接感知機能とセンサーを利用することで、「照明を外出時には自動的に消灯する」「就寝時に照明を消すと、冷暖房機器のスリープタイマー操作アプリが起動する」といった操作も可能になる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.