ニュース
» 2015年05月27日 17時30分 UPDATE

3Dプリンタニュース:CNC切削機と3Dプリンタに対応するCAD/CAMシステムと無償3D CADを公開

スリー・ディー・エスはカジュアル3D CAMソフトウェア「Visual CAD/CAM 2015」日本語版(米MecSoft製)を発表。無償3D CAD「VisualCAD」も公開した。

[小林由美,MONOist]

 スリー・ディー・エスは2015年5月27日、カジュアル3D CAMソフトウェア「Visual CAD/CAM 2015」日本語版(米MecSoft製)を発表した。同年6月29日から販売開始する。無償版(※)3D CAD「VisualCAD」も公開した。こちらはDXF/DWG/IGES/STLの変換ツールとしても利用できる。

注※VisualCADのダウンロードサイト(記事末)では「体験版」の紹介に含まれているが、完全無償版とのこと。

 Visual CAD/CAM 2015はCNC切削機と3Dプリンタに対応するCAD/CAMシステム。2D画像データを利用して特殊な3Dデザインを付加するエンボスツール「VisualArt」、複数のCADパーツを板金上にレイアウトするネスティングツール「VisualNest」、CNC切削機向け加工データ生成ツール「VisualMill」、3Dプリンタ用のSTL最適化ツール「Visual3DPRINT」など、さまざまなCADにプラグイン可能なモジュールを提供する。対応するCADは「Rhinoceros」「GeomagicDesign」「SOLIDWORKS」など。

 VisualArtは9万円、VisualNestは15万円、VisualMillは18万円〜、Visual3DPRINTは18万円。

yk_150527image_01.jpg 製品機能のイメージ

つながる、広がる、モノづくり――。「3Dモデラボ」

3Dモデラボ
3Dモデルデータ投稿・共有サービス「3Dモデラボ」。3Dモデルデータを共有し、

モノづくりの楽しさをシェアしよう!!


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.