ニュース
» 2015年05月28日 07時00分 UPDATE

FAニュース:ピコリットルの液滴を0.1秒で塗布できる卓上型高速微細塗布装置

NTNは、針の先端に付着させた数plの微細な液滴を、1回あたり0.1秒で塗布する「卓上型高速微細塗布装置」を発表した。針駆動構造の改良により、1回の塗布時間を従来の約2.4秒から0.1秒に短縮した。

[MONOist]

 NTNは2015年5月12日、針の先端に付着させた数pl(ピコリットル)の微細な液滴を、1回当たり0.1秒で塗布する「卓上型高速微細塗布装置」を発表した。

 同社では、極微量な液滴を1µmの位置精度で、直径1/10〜1/100mmの点状に塗布する卓上型微細塗布装置を2010年から販売している。今回発表した装置は、針駆動構造を改良し、約2.4秒だった液滴の塗布時間を0.1秒まで短縮した。これにより、大量の塗布が必要とされる量産ラインに適用できる。

 また、PC画面上のマウス操作により、微細塗布条件の設定や調整ができる。塗布液容器と塗布針を複数搭載することで、用途に応じて液体やペーストを切り替えながら、連続で塗布することも可能だ。

 設置サイズは、ノートPCと同程度の300mm四方で、AC100V電源につなぐだけで動作するため、既存の製造ラインに導入しやすい仕様となっている。

 主な用途は、電子部品の実装・パッケージングにおける接着剤や導電性ペーストの塗布、バイオ・新薬開発における試薬の微少量スポッティング、マイクロマシン・ロボットの組み立てにおける接着剤の塗布など。

photo 卓上型高速微細塗布装置
photo 塗布例

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

卓上 | FAニュース | 製造ライン


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.