ニュース
» 2015年06月03日 07時00分 UPDATE

FAニュース:超高速サーチツールを開発、In-Sight新製品3機種に搭載へ

コグネックスは、超高速サーチツール「PatMax RedLine」を発表した。新型In-Sightビジョンシステム3機種に搭載し、パーツ検査やコネクタ検査での広視野かつ高精度化の要求に対応する。

[MONOist]

 コグネックスは2015年5月18日、超高速サーチツール「PatMax RedLine(パットマックス レッドライン)」を発表した。

 近年、自動車やエレクトロニクスなどのさまざまな業界で、広いカメラ視野から微細な欠陥を検出するというニーズが増加している。しかし、高画素化の進む画像処理システムでは、画素数の増加とともに処理時間も長くなり、検査精度と処理時間のトレードオフに課題があった。

 PatMax RedLineは、PatMaxテクノロジーをベースに改良され、高解像度の検査において最大10倍の高速化を可能にした。同社では、500万画素の撮像素子を採用した新型In-Sightビジョンシステム「In-Sight 5705」「In-Sight8405」「In-Sight5705C」の3機種に搭載する予定。

 これにより新型In-Sightビジョンシステムは、自動車部品の外観検査工程、ロボットガイダンス、エレクトロニクス業界の広視野かつ高精度でのパーツ検査やコネクタ検査などに対応するという。

photo

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


関連キーワード

FA | コグネックス | 自動車 | FAニュース


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.