特集
» 2015年06月03日 13時00分 UPDATE

DMS2015開催直前! ブース出展情報:製造現場のビッグデータ活用、“可視化と分析”で支援する日立ソリューションズ

日立ソリューションズ東日本は「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」や需要予測ソリューション「ForecastPRO」など、製造現場で求められつつあるビッグデータの活用にフォーカスしたさまざまな製品を紹介する。

[MONOist]

 2015年6月24〜26日の3日間、東京ビッグサイトで「第26回 設計・製造ソリューション展」(以下、DMS2015)が開催される。日立ソリューションズ東日本は、ブース内を「プロセスマネジメント」「生産管理」「サプライチェーンマネジメント」の3つに区切り、各テーマに沿った製品とその導入効果について事例を交えながら紹介する。

 近年、製造拠点や部材調達のグローバル化が進む製造業において、ビッグデータの活用が重要視されている。そこで鍵となるのが膨大かつ複雑なデータを分析・可視化して具体的なアクションプランに落とし込むための手法だ。

 同社はこうしたビッグデータ活用への関心の高まりを受け、今回のDMS2015では「ビジネスアナリティクス」を出展の中心テーマに据えている。ブースではデータ分析ソリューションに加え、製造現場におけるビッグデータの活用という視点から、予測分析、在庫適正化、データの可視化など、さまざまな切り口で同社のソリューションを紹介する予定だ。

 具体的な製品では、設計・製造向けのプロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」を展示する。SynViz S2は、日程管理、成果物管理、品質管理、原価管理といったプロジェクトを構成する複数の情報の一元管理と“見える化”をWebブラウザ経由で提供する業務統合管理ポータルシステムだ。

 その他に在庫適正化や販売促進、需給調整業務改善に貢献する需要予測ソリューション「ForecastPRO」、在庫適正化ソリューション「SynCAS PSI Visualiazer」、生産計画システム「SynPLA」「SynPIX」も展示する。

 「日立ソリューションズ東日本は、データの可視化・分析が強みであり、豊富な製品ラインアップをそろえている。最近では特に製造現場でのビッグデータの活用についても積極的に取り組んでおり、ベテランのノウハウのモデル化など、ビッグデータの活用の幅を拡大させたソリューションを提供している。経営層の意思決定支援にとどまらず、弊社の強みを生かしてさまざまな切り口で紹介する製造現場でのビッグデータの活用手法に注目してもらいたい」(日立ソリューションズ東日本)

第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)

会期 2015年6月24〜6月26日 10:00〜18:00※最終日のみ17:00終了

会場 東京ビッグサイト

[ブース情報]日立ソリューションズ東日本

東ホール ブース番号:東3ホール、東6-22ブース(日立グループブース内)


第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)特集

>>↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑<<

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.