ニュース
» 2015年06月04日 07時00分 UPDATE

FAニュース:環境性能が向上した産業用インクジェットプリンタ3機種を発売

日立産機は、IoTに対応した産業用インクジェットプリンタ「Gravis UX」シリーズ3機種を2015年6月から販売開始する。独自の「溶剤低消費システム」により、環境性能を向上させた。

[MONOist]

 日立産機システムは2015年5月18日、IoTに対応した産業用インクジェットプリンタ「Gravis UX」シリーズを発表した。ラインアップは、ベーシック機・高性能機・プレミアム機の3機種で、同年6月から販売開始する。

 Gravis UXシリーズは、同社独自の溶剤低消費システムにより、溶剤の揮発量を抑制。プレミアム機では、従来機に比べて補力液消費量を50%削減し、環境性能を向上させた。

 また、製造工場におけるIoTに役立つイーサーネット通信を標準搭載し、イーサーネット通信モジュールとIJP通信ライブラリーを使って、簡単にイーサーネット通信システムが構築できる。

 さらに、シンプルな画面構成やインク・補力液ボトルのカートリッジ化、インク補充などに対したアラート機能などの機能により、使いやすさも向上。国際規格(IEC60529)IP65に準拠し、設置環境にも対応した。

 価格(税別)は、ベーシック機が152万円から、高機能機が180万円から、プレミアム機が235万円からとなっている。

photo 産業用インクジェットプリンタ「Gravis UX」シリーズ外観

FAメルマガ 登録募集中!

famerumaga

MONOist FAフォーラムのメールマガジンの配信を2014年7月よりスタートしました。FAニュースをはじめ、産業用ロボット、インダストリー4.0、PLCや産業用ネットワーク、制御システムセキュリティなど注目の話題をまとめてお届けしています。

ぜひ、メルマガ配信のご登録をお願い致します。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.