ニュース
» 2015年06月04日 13時00分 UPDATE

ロボット開発ニュース:献立アドバイスまでしてくれるクラウド利用の会話ロボ、1万9800円

タカラトミーとNTTドコモがクラウド利用の会話ロボット「OHaNAS(オハナス)」を開発した。ニュースや天気を教えてくれたり、献立アドバイスを一緒に考えてくれる“自然な会話”を実現した。

[渡邊宏,MONOist]

 タカラトミーは2015年6月4日、同社とNTTドコモが共同開発したクラウド利用の会話ロボット「OHaNAS(オハナス)」を同年10月1日より販売開始すると発表した。価格は1万9800円(税別)。

 NTTドコモの開発したクラウド型サービス「自然対話プラットフォーム」を採用、話しかけたユーザーの意図を理解し、「キャベツを使ったレシピを教えて?」「情報サイトでお調べしました。ロールキャベツなどいかがでしょう?」などのような、“ロボットとの自然な会話”が行える。

photo 「OHaNAS(オハナス)」

 専用アプリをインストールしたスマートフォンとロボットをペアリングさせ、スマートフォンからクラウドにアクセスすることで、クラウド上の自然言語処理サービスと連携する。回線はNTTドコモ以外でも問題ない。

photo 「OHaNAS」の搭載するクラウド型会話システム

 採用する「自然対話プラットフォーム」は、NTTドコモが提供している「しゃべってコンシェル」の技術へ、新たに文書正規化機能、意図解釈、シナリオ対話、外部コンテンツ連携の4機能を追加したクラウド型システム。NTTドコモから他社へのサービス提供は本件が初めてだという。

 OHaNAS(オハナス)の名称は、「話に花が咲く」に由来する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.