ニュース
» 2015年06月05日 11時00分 UPDATE

人とくるまのテクノロジー展2015:デスクトップHILSが200万円から、処理性能は大型システムと同等

イータスは、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、デスクトップPCと同サイズのHILS(Hardware in the Loop Simulation)システム「DESK-LABCAR」を展示した。

[朴尚洙,MONOist]

 イータスは、「人とくるまのテクノロジー展2015」(2015年5月20〜22日、パシフィコ横浜)において、デスクトップPCと同サイズのHILS(Hardware in the Loop Simulation)システム「DESK-LABCAR」を展示した。

 DESK-LABCARの最大の特徴は、デスクトップサイズでありながら大型のHILSシステムと同等クラスの処理性能を備えていることだ。さらに、「HILSの価格は、大型システムで1000万円以上、中型システムでも500万〜1000万円になるが、DESK-LABCARが200万円からと安価だ。大型のHILSを開発チーム全体で共有するのではなく、同じコストで複数台の小型のHILSを導入してもらえば、よりフレキシブルにHILSを活用してもらえるだろうというコンセプトで開発した」(イータスの説明員)という。

 大型のHILSと異なるのは入出力のチャネル数になる。DESK-LABCARは、アナログ入力が4チャネル、デジタル入力が20チャネル、アナログとデジタルの出力がそれぞれ8チャネルとなっている。

 展示ブースでは、二輪車のエンジン制御ECU(電子制御ユニット)とDESK-LABCAR上で動作するエンジンモデルを用いたデモンストレーションを披露していた。

「DESK-LABCAR」と二輪車のエンジン制御ECUを使ったデモ 「DESK-LABCAR」と二輪車のエンジン制御ECUを使ったデモ。左側の青いユニットがDESK-LABCARだ(クリックで拡大)

人とくるまのテクノロジー展2015 ≫↑↑↑特集ページはコチラから↑↑↑≪

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.