ニュース
» 2015年06月05日 19時30分 UPDATE

FAニュース:枝豆が真っ二つ! 安川電機の産業用ロボットが“居合斬り”を披露

安川電機は創立100周年を迎える2015年、100周年記念プロジェクトとしてさまざまな取り組みを行っているが、その1つとして同社の産業用ロボットが居合術に挑んだ動画を公開した。

[三島一孝,MONOist]

 安川電機は、1915年の設立から100周年を迎える2015年、本社敷地内にロボット村をオープンする(関連記事)など、さまざまな記念事業を進めているが、そのプロジェクトの一環として、同社の産業用ロボット「MOTOMAN-MH24」が、居合術家・町井勲氏の達人技に挑戦する「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」を実施した。

 同プロジェクトでは、町井氏の達人技をモーションキャプチャーでデータ化し、3Dでの解析を行い、MOTOMAN-MH24のプログラムに組み込み、再現したという。安川電機では「産業用ロボットの性能限界に挑戦した」としている。

photo 安川電機の「YASKAWA BUSHIDO PROJECT」の様子。町井氏の技をキャプチャーしMOTOMAN-MH24で再現した(クリックで拡大)※出典:安川電機

 同プロジェクトの動画では、町井氏の「四方斬り」「袈裟斬り」「斬り上げ」「水平斬り」「千本斬り」などの試技を完璧に再現するMOTOMAN-MH24の様子が紹介されている。

photo 試技では高難度の「枝豆斬り」なども披露された(クリックで拡大)※出典:安川電機

 同プロジェクトの動画は2015年6月5日からYouTubeで公開されている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.